理学療法士による暇つぶしブログ

【まとめ】各関節の制限因子としまりの肢位、ゆるみの肢位について

関節可動域制限について

要因

  • 疾患(関節の変形や破壊)
  • 外傷(関節内骨折、創傷、炎症)
  • 不動(安静臥床、筋力低下、麻痺、ギプス、装具固定)
  • 疼痛

制限因子

  • 筋・関節包・靭帯・腱
  • 筋膜(筋上膜、筋周膜、筋内膜)
  • 骨(関節の構築学的構造の破壊)
  • 関節腔(線維化を生じ、瘢痕組織となる)
  • 皮膚

関節に影響を与える症状

  • 痙性(中枢神経障害)
  • 浮腫
  • 癒着(創部、関節腔、筋線維間、筋周間など)
  • 筋スパズム、防御性筋収縮

各関節の正常な最終域感と制限因子

部位 運動方向 最終域感 制限因子
肩関節

(複合体)

屈曲 結合組織 広背筋、大胸筋(胸肋部線維)の緊張
伸展 結合組織 前鋸筋、大胸筋(鎖骨部線維)の緊張
内転 その他 体幹とのぶつかり
外転 結合組織 大・小菱形筋、僧帽筋(中・下部線維)の緊張
内旋 結合組織 大・小菱形筋、僧帽筋(中・下部線維)の緊張
外旋 結合組織 前鋸筋、小円筋の緊張
肩関節

(肩甲上腕関節)

屈曲 結合組織 烏口上腕靭帯の後部束、関節包の後部、小円筋、大円筋、棘下筋の緊張
伸展 結合組織 烏口上腕靭帯の前部束、関節包前部の緊張
内転 その他 体幹とのぶつかり
外転 結合組織 関節上腕靭帯の中・下部束、関節包の下部、広背筋、大胸筋の緊張
内旋 結合組織 関節包の後部、棘下筋、小円筋の緊張
外旋 結合組織 関節上腕靭帯の3つの束、烏口上腕靭帯、関節包の前部、肩甲下筋、大胸筋、広背筋、大円筋の緊張
肘関節 屈曲 軟部組織

(通常)

前腕前面と上腕前面の筋腹の接触
骨性(筋腹が小さい場合) 尺骨鈎状突起と上腕骨鈎突窩の接触、橈骨頭と上腕骨橈骨窩の接触
結合組織

(時には)

関節包の後部、上腕三頭筋の緊張
伸展 骨性(通常) 肘頭と上腕骨の肘頭窩との接触
結合組織

(時には)

関節包の前部、側副靭帯、上腕二頭筋、上腕筋の緊張
手関節 屈曲 結合組織 背側橈骨手根靭帯、背側の関節包の緊張
伸展 結合組織

(通常)

掌側橈骨手根靭帯、掌側の関節包の緊張
骨性

(時には)

橈骨と手根骨の接触
橈屈 骨性(通常) 橈骨茎状突起と舟状骨の接触
結合組織

(時には)

尺側側副靭帯、尺骨手根靭帯、関節包、尺側部の緊張
尺屈 結合組織 橈側側副靭帯、関節包橈側部の緊張
股関節 屈曲(膝関節屈曲時) 軟部組織 大腿前面の筋と下腹部との接触
結合組織 関節包前部、腸骨大腿靭帯わずかに坐骨大腿靱帯の緊張
伸展 腸腰筋、縫工筋、大腿筋膜張筋、薄筋、長内転筋、大腿筋の緊張
外転 結合組織 関節包下部(内側)、恥骨大腿靭帯、坐骨大腿靭帯、腸骨大腿靭帯の下部束の緊張

大内転筋、長内転筋、短内転筋、恥骨筋、薄筋の緊張

内転 結合組織 関節包上部(外側)と腸骨大腿靭帯の上部束の緊張

中殿筋、小殿筋、大腿筋膜張筋の緊張

内旋 結合組織 関節包後部と坐骨大腿靭帯の緊張

内閉鎖筋、外閉鎖筋、上双子筋、下双子筋、大腿縫工筋、中殿筋後部線維、大殿筋の緊張

外旋 結合組織 関節包前部、腸骨大腿靭帯、恥骨大腿靭帯の緊張

中殿筋前部、小殿筋、大内転筋、長内転筋、恥骨筋の緊張

膝関節 屈曲 軟部組織

(通常)

下腿後面と大腿後面の筋腹の接触、踵部と臀部の接触
結合組織

(時には)

内側広筋、外側広筋、中間広筋の緊張
伸展 結合組織 関節包後部、斜膝窩靭帯、弓(状)膝窩靭帯、側副靭帯、前・後十字靭帯の緊張
足関節 底屈 結合組織

(通常)

関節包前面、三角靭帯前面、前距腓靭帯、前脛骨筋、長母子伸筋、長指伸筋の緊張
骨性

(時には)

距骨後端結節と脛骨後縁との接触
背屈 結合組織 関節包後部、アキレス腱、三角靭帯後部、後距腓靭帯の緊張

各関節のしまりの肢位とゆるみの肢位

【しまりの肢位とは?】
Closed packed positionといい、
最も動きが制限された肢位であり、関節包と靭帯が緊張した状態。この状態で治療は行わない。

【ゆるみの肢位とは?】
Loose packed positionといい、関節包が最大に弛緩した状態を Resting position(安静肢位)といい、検査と治療はこの肢位から始められる。
Closed packed position Loose packed position
肩関節 最大外転と外旋 約55°外転、約30°水平内転
肘関節

(腕尺関節)

(腕橈関節)

 

最大伸展+回外

90°屈曲+5°回外

 

約70°屈曲+10°回外

最大伸展+回外

前腕

(上橈尺関節)

(下橈尺関節)

 

約5°回外

約5°回外

 

約35°回外+肘関節70°屈曲

約10°回外

手関節 最大背屈 最大橈屈と尺屈の中間位
股関節 0°から最大伸展+最大内旋+最大外転 30°屈曲、約30°外転、やや外旋
膝関節 最大伸展、外旋 約25°屈曲
足関節

(距腿関節)

(足根部)

 

最大背屈

最大内反

 

約10°底屈、最大外反・内反の中間位

約10°底屈、最大外反・内反の中間位

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です