WPW症候群とは?知っておくべき基礎知識と心電図所見について

WPW症候群の概要

WPW症候群(Wolf-Parkinson-White syndrome)とは副伝道路(Kent束)が存在する疾患で、Kent束が左心房と左心室を結ぶA型、右心房と右心室を結ぶB型、非常に稀ですが、心室中隔に存在するC型の3つに分けられます。

WPW症候群

WPW症候群の合併症

WPW症候群は発作を起こすと、房室回帰頻拍(AVRT)心房細動(AF)を引き起こします。

房室回帰頻拍(AVRT)

本来、房室結節からの興奮はヒス束を介して右脚・左脚を通り、左右のプルキンエ線維から心室へ興奮が伝わります。

しかし、心房と心室を直接繋いでいる副伝導路(Kent束)が存在する例があります。この場合、心房の興奮は房室結節以下の部位を飛ばして即効、心室へ伝わるので、心室の早期興奮が問題となってきます。

ただ、問題はこれだけではなく、副伝導路があることで房室回帰頻拍(AVRT)が生じてしまうのです。なぜかといいますと、正常の洞調律では副伝導路が不応期ではないので、順行に興奮が生じます。

しかし、期外収縮が生じたときには副伝導路が不応期で、不応期を脱したときにちょうど心室からの興奮が伝わり逆行してしまうことでリエントリーになってしまいます。

WPW症候群

心房細動(AF)

心房細動(AF)とは心房が高頻度で無秩序に興奮して収縮することによって、心室への血液供給が不規則となるのでリズムが不規則になることをいいます。

心電図ではP波が消失して、高齢者では特に左心房内(特に左心耳内)で血栓が生じやすくなるので、塞栓症へ注意が必要になります。

心房細動(Af)の疾患知識とリスク管理について解説
発作性上室頻拍
発作性上室頻拍(PSVT)の疾患知識について解説

WPW症候群の治療法

WPW症候群は発作、即ちAVRTやAFが起こった時に自覚症状が出現しますので、AVRTやAFに対する治療が主になります。

AFが出現した場合

Naチャネル遮断薬を静脈注射します。

AVRTが出現した場合

迷走神経刺激法という手技を用います。

発作性上室頻拍
発作性上室頻拍(PSVT)の疾患知識について解説

 

根治療法はあるのか?

カテーテルアブレーションというカテーテル法による頻拍の根治術があります。カテーテルアブレーションとはカテーテル心筋焼灼術といいまして、不整脈の原因となる部分を電気的に焼いてしまう手術です。

WPW症候群においては、副伝道路(Kent束)が問題になるので、副伝道路を電気的に焼くことで取り除いてしまうのです。

WPW症候群の心電図所見

 

心電図のポイントは3つあります。

  • Δ(デルタ)波の出現
  • wide QRS
  • PQ間隔短縮

Δ(デルタ)波

簡単にいうと、早期に興奮波が出現することです。副伝導路(Kent束)周囲の興奮がΔ波として出現するのです。

wide QRS

幅広いQRS波になることで、副伝導路(Kent束)での興奮と正常伝導路の興奮が合致することで心室の興奮時間が長くなるために起こります。

PQ間隔短縮

副伝導路(Kent束)での興奮が正常伝導路の興奮より先に伝わってしまうことで起こります。

WPW症候群A型の心電図

WPW症候群

WPW症候群B型の心電図

WPW症候群

WPW症候群C型の心電図

WPW症候群

今日のリハゴリ倶楽部

  1. 副伝導路(Kent束)がWPW症候群の起因となっている。
  2. WPW症候群の合併症として、AVRTとAFがある。
  3. WPW症候群の心電図特徴として、Δ波・wide QRS・PQ間隔短縮がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です