心電図でどんなことが分かるのか徹底解説

心電図

はじめに

洞結節の働き、刺激伝導路の働き、心筋の働きに異常が起こると、心電図にも変化が出ます。

どのように変化が出るかといいますと、電気発生が不規則になったり、伝導する時間が延長したり、心房や心室に興奮異常が起こると各部位に応じた心電図上の波形に変化が起こり、どこに問題があるのかを分析することができます。

刺激伝導系

刺激伝導系の正常図1)

不整脈や興奮伝導の異常

心房に存在している洞結節から興奮命令が出て、房室結節などの刺激伝導系を通り、心室筋が収縮するという順番であれば、洞調律となります。

しかし、電気的興奮の乱れから心房が無秩序に収縮したり、心室がいきなり収縮したりするなど、心臓の拍動が不整になってしまうことを不整脈といいます。

また、心房や心室の壁が厚くなったり、内腔が拡張したりすると、心房の興奮波であるP波や、心室の興奮波であるQRS波に変化が起こり、それにより診断することもできます。

心室の中の興奮伝導がおかしくなると(心室内伝導異常)、心室の興奮に時間がかかってQRS波の幅が延長したり、波形が変形したりします。

例えば、心室内伝導路である右脚や左脚に伝導の遅れや途絶が起こると、それぞれ右脚ブロック、左脚ブロックと呼ばれる独特な心電図波形を示します。

心臓の興奮の異常

心臓の興奮異常は心筋の病的な変化を捉えることができます。

何らかの原因(心筋の酸素不足・炎症・障害・代謝の異常など)で心筋の興奮に異常が起こると、QRSとT波の間の部分ST部分)が基本線より低下あるいは上昇したり、T波が下向き(陰性)になったりすることがあります。

狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患(虚血性心疾患)では、ST部分やT波の変化が多いのですが、心筋梗塞では特徴のある異常Q波と呼ばれる所見がQRS波に出現します。

心筋の疾患(心筋炎・心筋症など)やその他、種々の病的な心筋の変化でST部分やT波に異常が出現します。

心臓の表面をおおっている心膜に炎症が起こると(心膜炎)、心電図のST部分が基線より上昇する所見がみられます。心房の興奮は正常では房室結節からヒス束を経由して心室に伝えられます。

しかしときには、心房と心室を連絡する別の電気の通路(副伝導路:Kent束など)がある患者さんがみられます。これはWolff-Parkinson-White(WPW症候群)と呼ばれ、独特の心電図波形を示します。

詳しくは ▼▼▼

ptskgw1016.com/2017/06/05/wpws

心臓自身に異常がなくても、心筋の興奮や消退に変化をもたらす条件があると、心電図に変化が見られることがあります。例えば、カリウムやカルシウムなどの電解質異常では、特徴のある波形が出現します。

心電図で発見できる疾患

  1. 不整脈
  2. 右心房・左心房の肥大
  3. 右心室・左心室の肥大や拡大
  4. 左右脚ブロック(心室内伝導異常)
  5. 虚血性心疾患
  6. 心膜炎
  7. WPW症候群
  8. 電解質異常
  9. QT延長症候群(LQTS)
  10. Brugada(ブルガダ)症候群
引用画像・参考書籍

1)小沢友紀雄(2013)「これだけは知っておきたい やさしい心電図の見方〜おもな心疾患と治療のポイント〜」, pp.16-17, 医薬ジャーナル社.

おすすめ書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です