房室ブロックの疾患知識とリスク管理について解説

房室ブロック

房室ブロックの概要

心臓が収縮するためには刺激伝導系による興奮の伝達が必要不可欠です。そのため、刺激伝導系の機能異常を来した場合、心臓内部で伝導時間の遅延や伝導の途絶が生じます。

このことを「ブロック」といい、房室ブロックの場合では字の通り心房から心室へ伝わる興奮がブロックされてしまう疾患です。

それにより、心室の収縮が正常より遅れたり、収縮が生じなかったりして心拍数が減少してしまいます。

房室ブロックの原因

房室ブロックの発症原因には様々ありますが、その一つに虚血性心疾患(狭心症心筋梗塞)があります。

房室結節周囲は右冠動脈(RCA)から血液栄養を受けています。

なので、右冠動脈の狭窄や閉塞が生じると房室結節周囲に栄養が行き渡らなくなり、房室ブロックを発生することがあります。

その他の原因については下の表一覧を参考にしてください。

迷走神経刺激 ・Valsalva法
・頸動脈洞圧迫 etc…
薬物 ・βブロッカー
・ジゴキシン
・Ca拮抗薬 etc…
先天性心疾患 ・房室中隔欠損症(AVSD)
・心内膜床欠損症(ECD)
後天性心疾患 ・虚血性心疾患
・心筋炎
・拡張型心筋症(DCM)
・肥大型心筋症(HCM)
その他 ・サルコイドーシス
・アミロイドーシス
・甲状腺機能低下症
・感染症
開胸術後 ・心室中隔欠損症(VSD)
・Fallot四徴候(TOF)

房室ブロックの症状

房室ブロックが軽度の場合は、基本的にあまり症状はみられません。しかし、房室ブロックが重度になると以下のような様々な症状が出現します。

  • 息切れ
  • 浮腫
  • めまい
  • 失神

失房室ブロックには、ずっと徐脈になる「持続性」と時々徐脈になる「間欠性」に分けられます。持続性房室ブロックの場合は徐脈が持続するため、心不全(息切れ、浮腫)に陥る場合もあります。

房室ブロックの分類

  • 1度房室ブロック
  • 2度房室ブロック
    -Wenckebach型(Mobitz Ⅰ型)
    -Mobitz Ⅱ型
  • 3度房室ブロック(完全房室ブロック)

1度房室ブロック

多くは房室結節の障害によって、心房から心室へ伝わる時間が長くなっている状態のことです。心房から心室への伝導時間が長くなるだけで、心室はしっかりと収縮するのでQRS波は正常に出現します。

血圧もほとんど変化なく、明らかな自覚症状も出現しないので危険度は低い房室ブロックです。

2度房室ブロック(Wenckebach型)

ほとんどは房室結節の障害によって、心房から心室へ伝わる時間が徐々に長くなっていって、何回かに1回QRS波が脱落してしまう状態のことです。

1度房室ブロックと違うところは2度房室ブロックではQRS波が脱落してしまうところです。このQRS波が脱落してしまう心拍のときに血圧は発生しないことになりますが、危険度は低いとされています。

2度房室ブロック(Mobitz Ⅱ型)

His束以下の障害によって、心房から心室へ伝わる興奮が突然途絶えてしまう状態のことです。

Wenckebach型と違うところとして、Wenckebach型では心房から心室へ伝わる時間が徐々に長くなっていってQRS波が脱落するので、予期できるサインがあります。

対してMobitz Ⅱ型では心房から心室へ伝わる時間が同じ状態で、いきなりQRS波が脱落してしまうので、予期できないことが特徴に挙げられます。

血圧に関してはWenckebach型と同様に心拍が発生しないときには血圧が発生しませんが、Mobitz Ⅱ型の場合、危険度は高くペースメーカーの適応となります。

3度房室ブロック(完全房室ブロック)

刺激伝導系上の色々な部位が高度に障害されることによって、心房からの興奮が心室へ全く伝わらなくなった状態のことです。

つまり、洞結節の興奮は心房で留まるので、心室は全く収縮しないのかといいますと、そうではなく、心室は自動能を持っているペースメーカー細胞によって調律を続けます。

そのため、洞結節での興奮は正常範囲内(60回/分)ですが、心室の興奮自体は正常興奮回数に達しないために徐脈になってしまいます。

血圧は徐脈の程度によって低下しますが、心拍数が45回/分以下になると心拍出量が著明に低下してアダムス・ストークス発作を起こすことがあります。

※アダムス・ストークス(Adams-Stokes)発作とは、不整脈が原因となって引き起こされる脳虚血発作のこと。前駆症状として、動機や胸痛を自覚する場合があり、めまい・けいれん・失神をきたす。

つまり、危険度は非常に高く、すぐさま医師に報告してペースメーカーの検討をする必要のある房室ブロックになります。

房室ブロックの心電図

1度房室ブロック

心房から心室へ伝わる時間が長くなるので、PQ間隔が延長(0.20秒以上)します。

房室ブロック

1度房室ブロック1)

2度房室ブロック(Wenckebach型)

心房から心室へ伝わる時間が徐々に長くなっていって、何回かに1回QRS波が脱落してしまうので、PQ間隔が徐々に延長していき、QRS波が脱落する波形を示します。

房室ブロック

2度房室ブロック(Wenckebach型)1)

2度房室ブロック(Mobitz Ⅱ型)

His束以下の障害によって、心房から心室へ伝わる興奮が突然途絶えてしまうので、PQ間隔は延長しませんが、P波の後のQRS波が突然脱落してしまう波形を示します。

房室ブロック

2度房室ブロック(Mobitz Ⅱ型)1)

3度房室ブロック(完全房室ブロック)

心房からの興奮が心室へ全く伝わらなくなった状態のことなので、P波の後にQRS波が続かずに全く独立したリズムの波形を示します。

房室ブロック

3度房室ブロック1)

房室ブロックの治療法

1度房室ブロックと2度房室ブロック(Wenckebach型)は経過観察となります。

2度房室ブロック(Mobitz型)と3度房室ブロックが治療の対象となります。

これらの原因が可逆性である場合には原因の治療を行い、不可逆性の場合にはペースメーカーの検討を行い、ペースメーカーの埋め込みを行うことになります。

房室ブロックのリスク管理

1度房室ブロックや2度房室ブロックの際には特に気をつけることはありませんが、運動中というよりも運動後に注意が必要となります。

どういうことかといいますと、運動後は交感神経から副交感神経優位になるため、一過性に心拍数が低下して血圧がグッと下がり、めまいや意識消失を引き起こすことがあるからです。

そのため、運動終了前にはクールダウンなど軽めの運動を行いながら徐々に副交感神経優位にさせていくと良いでしょう。

Mobitz Ⅱ型や3度房室ブロックが心電図モニターで認められた際にはすぐにリハビリを中止し医師に報告する必要があります。

引用画像/参考書籍

1)岡庭豊(2016)「病気がみえる vol.2循環器 第3版」pp.136-139, メディックメディア.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です