肺結核症(TB)の特徴と画像所見、リスク管理について解説

結核

はじめに

肺結核は、明治時代から昭和20年代にかけて「日本人の国民病」と言われるほど流行しており、死亡原因の第1位を占めていました。

しかし、第二次大戦後、日本でも有効な治療薬が普及し、生活水準の向上や国の結核対策によって患者数は激減しました。そのため、肺結核は過去の病気と思われがちですが、実はそうではありません。

日本では、新たに2万人ほど発病して、2千人が死亡しているのです。この数は他の先進国と比較したら数倍多いのです。

つまり、現在進行形で発病している肺結核の知識は医療従事者にとって必要なのです。

tuberculosis:TB
肺結核の概要

結核菌が体内に侵入してくることで引き起こされる感染症のことです。この結核菌は基本的に肺内部で炎症を引き起こします。

肺以外で炎症が起こることを肺外結核といいます。

感染≠発病
結核の感染様式

基本的には空気感染であり、結核菌に曝露された人のうち、30%が感染します。しかし、感染したから必ずしも発病するとは限りません。

結核菌に感染しても、約90%近くの人は免疫機構が作動して、発病しないといわれています。つまり、免疫機構が弱くなっている高齢者では発病しやすいということがいえます。

また、高齢者では昔に感染したことがあるけど、その時はまだ若く免疫機構もしっかり作動していたから、発病はしなかった。しかし、一部の人は結核菌を持ったまま高齢になると、免疫機構が弱くなるために、そこで初めて発病することがあります。

このことを既感染病(二次結核)といい、高齢者の間ではこの二次結核が急増しています。そのため、レントゲンなどから石灰化などの結核像がないか要チェックする必要があります。

時間が経ってから発病
既感染病(二次結核)の概要

前述したように高齢者の中で急増している肺結核です。大部分は肺内部の炎症を引き起こします。しかし一部は肺外結核を引き起こすこともあります。

大部分は上葉のS1と下葉のS6に好発します。

肺以外へと広がる
肺外結核の概要

結核の恐ろしいとこは多種多様なルートで全身に広がることができることです。肺以外の部位に広がった結核のことを「肺外結核」といいます。

好発部位として、最多は「リンパ節」です。次いで、胸膜、泌尿器、骨・関節、髄膜と続きます。リハビリをするにあたって、骨・関節へ感染することはリスクとなります。

股関節・膝関節・脊椎に好発しますが、特に脊椎へ感染した場合を「結核性脊椎炎(脊椎カリエス)」といいます。

結核性脊椎炎とは全身性と局所性の症状があり、全身性では倦怠感や微熱、局所性では棘突起の叩打痛や体交時痛が認められます。進行していくと、Pottの3徴候を呈するようになります。

※Pottの3徴候とは ① 亀背(後弯変形)② 冷腫瘍 ③ 脊髄麻痺(Pott麻痺)のこと。

胸部X線・胸部CT
肺結核の画像所見

胸部X線では浸潤影と空洞病変を示すことが多く、特に右上肺野に好発します。

下図では右上肺野の丸印部に浸潤影と大きな空洞病変が認められます。

肺結核

胸部CTでもX線と同様に浸潤影や空洞が認められます。また、普通の浸潤影ではなく、気管支透亮像(air bronchograms)を伴うことがあります。

下図では右肺野にair bronchogramsと空洞病変を伴った浸潤影が認められます。

結核

SpO2測定は勿論ですが・・・
肺結核のリスク管理

肺野まで感染してきているならば、SpO2や呼吸数、呼吸様式のバイタルサインを確認する必要があります。

しかし、胸部X線などの検査で結核の既往歴があると診察した場合はどうでしょうか?既往歴なので、特別にSpO2や呼吸数を測定する必要は特にありません。

結核の既往歴では二次結核の可能性を持たないといけないですし、脊椎への感染による脊椎カリエスの発症を常に視野にいれておく必要があります。

よって、リハビリ前には腰などの関節痛がないか問診したり、脊椎棘突起の叩打痛を確認することがとても重要なのです。

参考書籍

1)岡庭豊(2016)『病気がみえる vol.4 呼吸器 第2版』pp.102-pp.112, メディックメディア.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です