脳画像で頭頂葉を詳しく評価する方法とは?

頭頂葉(parietal lobe)とは?

頭頂葉は体性感覚を担っていて、他の感覚と統合させる機能をもっています。

そんな頭頂葉は中心溝、頭頂後頭葉、シルビウス(Sylvius)裂を境にして、前頭葉、後頭葉、側頭葉と接しています。

このように他の部分と全て隣り合わせに位置しているので、障害を受けると様々な影響が出てきます。

頭頂葉の各領域

頭頂葉は大きく大別すると以下の2つに分類できます。

  • 体性感覚野
  • 頭頂連合野

さらにここから細かく分類すると・・・

  • 体性感覚野(中心後回)
    • 一次体性感覚野
    • 二次体性感覚野
  • 頭頂連合野
    • 上頭頂小葉(体性感覚連合野)
    • 下頭頂小葉(縁上回・角回)

頭頂葉

頭頂葉各領域の機能とは?

各領域の分類について分かったところで、それぞれの機能についてみていきましょう。

一次体性感覚野

対側にある身体各部の体性感覚情報を処理する機能があります。

一次体性感覚野

二次体性感覚野

一次体性感覚野や視床からの感覚情報を受け取る機能があります。

二次体性感覚野

上頭頂小葉(体性感覚連合野)

一次体性感覚野からの感覚情報を受け取り、その感覚情報を統合することで空間の認知や物の識別などを行う機能があります。

上頭頂小葉

縁上回

上頭頂小葉(体性感覚連合野)からの感覚情報や視覚情報を受け取り、物体を認識する機能があります。

縁上回

角回

角回のみ後頭葉から言語に関する視覚情報を受け取り、読み・書きや計算などに関与する機能があります。

角回

頭頂葉の障害で出現する症状とは?

頭頂葉が障害されると、多くの患者は高次脳機能障害が出現します。

頭頂葉の障害によって出現する高次脳機能障害は8つあります。

半側空間無視
半側空間無視とは?病巣や検査・リハビリ方法とは?
身体失認
身体失認とは?症状や評価の方法とは?
ゲルストマン症候群
ゲルストマン症候群とは?評価やリハビリの方法とは?
観念失行,観念運動性失行
観念性失行・観念運動性失行とは?評価の方法や画像の見かたとは?
構成失行
構成失行とは?その評価方法や具体的なリハビリ方法とは?

頭頂葉を区分する方法とは?

 

脳画像水平断において頭頂葉を中心後回(体性感覚野)・上頭頂小葉・下頭頂小葉に分けることができます。

どのようにして分けるかといいますと、まず中心溝を見つけます。

中心溝

中心溝
脳画像で中心溝を簡単に見つける方法とポイントとは?

 

中心溝の後ろは中心後回ですが、そのさらに後ろの溝(中心後溝)と中心後溝から後方へ出ている頭頂間溝を結ぶとおおよそ「丁」の字になると思います。

この「丁」の字を見つけることができればこっちのもの。そこから下図を参照に中心後回、上頭頂小葉と下頭頂小葉を分けていきます。

頭頂葉

今日のリハゴリ俱楽部

  1. 頭頂葉はすべての他の部位と隣り合わせになっている。
  2. 頭頂葉は大きく分けると体性感覚野と頭頂連合野からなる。
  3. 頭頂葉を区分するときには「丁」の字を見つける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です