脳画像で内包の場所を見つけるポイントとは?

今回は皮質脊髄路(錐体路)の一部である内包の同定方法について記載していきたいと思います。

目次をご覧になりたい方は以下の[表示]ボタンを押してください。

皮質脊髄路(錐体路)とは?

錐体路とは大脳皮質(一次運動野)から起こり、延髄および脊髄にあるα運動ニューロンなどにシナプス結合を作って、随意運動を行うためのインパルスを伝える下行性伝導路のことです。

一次運動野の体部位局在とは?

一次運動野は脳画像で中心溝の前方にある脳回が中心前回で、これが一次運動野のことです。

つまり、一次運動野を見つけるには中心溝を同定できれば良いのです。

中心溝
脳画像で中心溝を簡単に見つける方法とポイントとは?

 

一次運動野には体部位局在(ペンフィールドの脳地図:右図)というものがあり、中心から外側に向かって下肢→体幹→上肢→手指→顔面の順に運動領域が存在しています。

ペンフィールド

そして、下肢を動かしたければペンフィールドの脳地図で下肢領域にある運動線維が下行していきます。

皮質脊髄路(錐体路)の走行とは?

錐体路の走行は一次運動野→放線冠→内包後脚→中脳大脳後脚→橋底部→延髄(錐体交叉:約8割が対側の外側脊髄皮質路、残り2割は同側の前脊髄皮質路を下行)→脊髄前角細胞 の順に下行していきます。

錐体路

引用:きーたんの治療家ブログ

橋底部では横橋線維が錐体路の運動線維を横切るように走行してますので、運動線維がバラバラに分散してしまいます。そのため、体部位局在も不明瞭になることから、体部位局在を意識して読み取れるのは中脳までとなります。

また、橋底部のラクナ梗塞で運動麻痺が軽度な理由としては前述したように運動線維が分散しているため、損傷程度も軽度であるからです。

今回はこの錐体路の一部である内包の同定方法について記載します。

内包の同定方法とは?

内包は尾状核頭部の後外側、レンズ核の内側、視床の前外側に「く」の字型で位置しています。

内包

大脳基底核
脳画像で尾状核・被殻・淡蒼球の場所を見つけるポイントとは?

 

その「く」の字型の内包は前から前脚・膝・後脚に分けられます。

内包

内包と淡蒼球の誤解

 

MRI FLAIR画像では内包後脚の中でも錐体路の通り道が少し高信号になります。

その高信号部位と淡蒼球を見間違えることが多いので注意しなければいけません。

そのため、内包後脚でも錐体路通過部位だけ白く写るということを頭の隅に置いておくと誤解は防げるでしょう。

今日のリハゴリ俱楽部

  1. 錐体路は内包の後脚を通過する。
  2. 脳画像で内包はレンズ核の内側に位置している。
  3. 内包後脚の錐体路通過部位は少し高信号に写る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です