ボストン・ブレースとは?その原理やチェックポイントとは?

今回は脊柱側弯症の矯正装具であるボストン・ブレース(TLSO)について記載していきたいと思います。

脊柱側弯症の矯正装具はそのほかにミルウォーキー・ブレースがあります。ミルウォーキー・ブレースには支柱があることが特徴的です。

ミルウォーキー・ブレース
ミルウォーキー・ブレースとは?その原理とチェックポイントは?

脊柱側弯症とは?

脊柱側弯症とは、脊柱が側屈してしまう疾患のことで、その病態から以下の2種類に分けられます。

  • 機能性脊柱側弯症
  • 構築性脊柱側弯症

機能性脊柱側弯症とは、疼痛回避、脚長差、筋力不均衡などで一時的に側弯していますが、原因をクリアすれば側弯が治癒するものをいいます。

構築性脊柱側弯症とは、椎体の回旋を伴った不可逆的な側弯のことです。特発性脊柱側弯症はこれに分類されます。

特発性脊柱側弯症
特発性脊柱側弯症とは?特徴的な姿勢や評価方法は?

ボストン・ブレースとは?

ボストン・ブレースは脊柱側弯症の矯正用として開発されてきましたが、ミルウォーキー・ブレースのように支柱がないことが特徴です。

一見支柱がないと矯正力は弱く思われるかもしれませんが、支柱がないことで可能なこともあります。

それは「水平面上の制御」です。つまり、側弯方向の矯正に加えて回旋に対しても矯正することができるのです。

また、ミルウォーキー・ブレースに比べて作る時間が早く、ボストン・ブレースは患者に必要と考えられたその日のうちに作ることができます。

「CTLSO」と「TLSO」
脊柱側弯装具に「CTLSO」や「TLSO」という略語が用いられますが、これらには明確な違いがあります。CTLSO の場合、cervico-thoraco-lumbo-sacral-orthosis の略で頸椎〜仙椎まで固定する装具という意味です。対して TLSO は thoraco-lumbo-sacral-orthosis の略で胸椎〜仙椎まで固定する装具という意味になります。つまり、頸椎を含めるか含めないかの違いになります。

ボストン・ブレースの原理とは?

ミルウォーキー・ブレースと同様に3点支持の原理に基づいて作られていますが、前額面と水平面で立体的に組まれているところが特徴です。

前額面では胸椎パッド、腰椎パッド、骨盤パッドの3点で圧力を加えていきます。

しかし、これらのパッドは前額面上だけでの圧力だけでなく水平面上の圧力である減捻の圧力も加わります。

基本的に脊柱側弯は前額面上の変形だけでなく、水平面上の回旋も伴って変形しています(下図参照)。

脊柱側弯

引用:義肢装具のチェックポイント

そのため、この回旋を矯正するために必要な組み合わせを考えていくことになります。

まず、上図のような変形の場合、腰椎後方パッド(②)と腹部エプロンによる腹圧(②’)で右回旋の減捻力を加えます。この腰椎パッドによる回旋力のカウンターとして、胸椎前方パッド(①’)、胸椎後方パッド(①)と骨盤パッド(③)で左回旋の圧力を加えていきます。

このように調節しながら回旋変形に対する矯正を行っていきます。

脊柱側弯

引用:義肢装具のチェックポイント

ボストン・ブレースのチェックポイントは?

ボストン・ブレースのチェックは前面・側面・後面に分けて行っていきます。

ブレース前面のチェックポイント

前面のチェックアウトでは腹部エプロン上縁の高さの位置を決めていきます。

腹部エプロン上縁は剣状突起先端より3横指程度とし、体幹屈曲時に剣状突起とブレースの間に皮膚が挟み込まれないよう調節します。

ボストンブレース

ブレース側面のチェックポイント

側面のチェックアウトでは側弯凹凸側を考慮して調節していきます。

凸側のブレース上縁は胸椎カーブの頂椎に連結している肋骨の高さにします。

凹側のブレース上縁では肋骨にあたらないよう広く開けることが重要になります。

ただし、あまり開けすぎると凸側から肋骨を押すだけになり、矯正力は弱まるので第10肋骨の高さに調節すると良いといわれています。

ボストンブレース

ブレース後面のチェックポイント

後面のチェックアウトでは腸骨稜上縁の掘り込みとブレース上縁の位置を決めていきます。

掘り込みは第3腰椎の高さに合わせます。ブレース上縁は第8胸椎の高さに合わせます。

ボストンブレース

今日のリハゴリ俱楽部

  1. ボストン・ブレースは前額面上の矯正だけではなく、水平面上の矯正も行える。
  2. ボストン・ブレースは腰椎パッド、胸椎パッド、骨盤パッドの3点支持で矯正する。
  3. チェックポイントでは前面、後面、側面に分けて実施するが凹凸側の考慮が必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です